So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

さびしさと悲傷を焚いて

本番が近づいてきて、風邪やインフルエンザにかからぬことがまずは私の責務。

*

綾瀬はるかさんが「世界平和」を望んでいると。
山本(新島)八重役をやってから「ふくしまに恋して」くれて、
そして今world peaceを言う。
すばらしいですね。

*

音楽やっている者にとって、Peace & Loveしかないのは再三言ってきました。
そうでもないミュージシャンもいるんでしょうけれども、
そんなのはホンモノじゃない。

それしかないって歌って、そして死んでいく、それだけです。
現実はまったくそうなっていないけれども。


もうけつしてさびしくはない
なんべんさびしくないと云つたとこで
またさびしくなるのはきまつてゐる
けれどもここはこれでいいのだ
すべてさびしさと悲傷とを焚いて
ひとは透明な軌道をすすむ

ー宮澤賢治「小岩井農場」の一節から


さびしさと悲傷を<焚い>て灯火にし、透明な道を歩いていく。

ああ、また花巻に行きたくなったなあ。



nice!(0)  コメント(0)