So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

短編小説 4

赤裸々

多摩川を歩きながら、NHKラジオの『朗読の時間』で田山花袋の『蒲団』の最終回を
聴き終えた克夫は、自分が矢来町の近くに住んでいた頃のことを思い出していた。
矢来町はこの小説で何度か出てくる新宿区に在る町の名だ。

彼が矢来町の隣の箪笥町に住んでいた頃、粋な佇まいの家の前を散歩中に通ったことが
あって、能楽堂の近くだったこともあり、矢来町はなかなかの格式高い町と知った。
その粋な家が古今亭志ん朝師の家であったことを知ったのは、克夫が市ヶ谷砂土原町へ
引っ越した2001年だった。名人志ん生の次男で、菅原道眞の血を引く美濃部家ー
江戸時代では直参旗本だったという名門出身の当代一と言われた噺家が亡くなった
年だった。

克夫にとってみればそれまで矢来町は「漱石の妻鏡(子)の実家が在った町」だった。
柳家小三治のファンだった克夫は志ん朝が「矢来町」と掛け声をもらう噺家である
ことは知らないでいた。

その「名人」が惜しまれに惜しまれて亡くなった年、克夫は苦境の中にいた。
砂土原町から漱石終焉の地である早稲田南町への散歩は頻々と行われており、
漱石病と自ら言う鬱状態にあったのだった。


花袋の小説は煮え切らぬ話がダラダラと続くものに思えた。
漱石も創作していた頃に発表されたこの「自然主義」文学は、当時としては
センセーショナルな赤裸々さに満ちたものだったらしいし、確かにそこまで書くか
というような心理描写もあるにはある。

自分が評価できぬ青年に愛弟子の女学生を奪われた文士が、田舎へ帰らせたその
愛弟子の残り香を蒲団に嗅いで身悶えするラストシーンは、現代の感覚でもおぞましい
ように思われた。結局その女性を自分のものにできなかった悔しさ、
そして彼女と婚前交渉をしたに違いない青年への嫉妬を吐露するだけの中年男の話は
不快で、こんな話で興奮した明治末期の読者たち、その時代にも嫌悪感を覚えた。

多摩水道橋の交差点下の道を歩き、再び土手道へ出ると、
富士が藍色のシルエットになって茜空の西の果てに見えた。
徐々に灰色が混じってくる。
そして間もなく黒色になった。

「もっと自然主義だろ。」

克夫は独りごちた。

「小汚い心根の者が、英語なんかを処処に使ってカッコつけんじゃないよ。」

花袋のインテリ臭を嗤った。

「条件節が仮定法過去完了だらけの最終部なんかただただ野暮、野暮の極みでゲス。」

克夫は志ん朝が敬慕した六代目三遊亭圓生の口真似をした。

空の暖色がいよいよ完全に褪せる前に克夫はYouTubeで「お気に入り」のメドレーを
聴き始めた。

EaglesのTry and Love Againのイントロで、多摩丘陵に光る家々の灯火の輪郭が
克夫には二重にも三重にも見えた。



nice!(0)  コメント(0) 

短編小説 3

贅沢の余韻

康雄はサントリーホールでのフォルクスオーパー・ニューイヤー・コンサートを
鑑賞した。

1月2日、まだTokyoは本格始動していない。

康雄は上気しながら近くのドトールに入り、喫煙者用の仕切られた部屋に入る。
椅子に座り、窓越しに健康志向の人々で混む店内を見た。
こちらは空席だらけなのに「外界」は満員盛況だ。

自分は正月二日にウィーンから来た楽団の演奏を聴きに来れた。

「俺はどう考えても余裕のあるー
英語で言えばwell-to-doな、ドイツ語ならwohlhabendなー
人間なんだな。」

そう思いながら、煙草に火をつけた。

「しかし、己は時代遅れの喫煙者、健康意識も<こぎれいな>人々との差は画然と
している。」

そう独りごちて、紫煙を吐いた。

「どうも居心地が悪い。
本来自分は正月二日にウィンナ・ワルツなどを鑑賞する輩ではないだろうに。
ドトールは何も高級志向の珈琲屋などではない。
そこは自分には分相応だ。
コンサート後そのままインターコンチネンタル・ホテルでコーヒーを飲めば徹底して
いたろうけれども、喫煙所へ行かねば煙草は吸えないし、なにより、そこまで
徹底したいとも思わない人間だ。」

そしてこのドトールに入っても<差別化>がある。
同じコンサートを楽しんだ人々が何人も一緒に入店したが、みな非喫煙者のフロアで
コーヒーを飲んでいる。

康雄はコーヒーを早々に飲み干し、煙草を2本吸って店を後にした。


帰途ー
混み合うこともない電車に乗って、康雄はコンサートのことを思い出す。
ソプラノ歌手の美しい声は特に印象的だった。
プログラムを読みながら、頬が緩む。

「フォルクスだぜ、民衆、大衆のオペラ楽団なんだ。」

そう思った。
しかし、あの優雅さ、余裕ー
それを正月に日本で鑑賞する自分は?


電車がある駅で動かなくなった。

「相互乗り入れしております東武東上線で人身事故がありました。暫く停車いたします。」

車内アナウンスがあった。

「え?元日に確か二件人身事故があったばかりじゃないか!」

康雄は暗澹たる気持ちになった。

4日からは通常勤務だ。
3日はこの贅沢の余韻に浸りながら、ゆっくりするつもりだった。
その「贅沢の余韻」が急激に減衰し、消えてしまったように思えた。

4日からはまた薄給の一会社員に戻る。
今年会社は大丈夫だろうかとふと不安になって、コンサートのプログラムをカバンに
しまい、頭を掻き、俯いたままになった。



nice!(0)  コメント(0)