So-net無料ブログ作成
2018年01月| 2018年02月 |- ブログトップ

2.17を終えて

20180217_142833.jpg


昨日は寒い中、青山まで駆けつけてくださった皆様に
あらためて心の底から御礼申し上げます。

我々のような力不足のミュージシャンたちにとって、
貴重な時間とお金を費やしライブ演奏を聴きに来てくださる方々こそ、
大袈裟でなく、本当に神様のような存在なのです。

どのメンバーのとは言いませんが、ご友人が来てくださり、
私と握手してくださって、「どうかXXをよろしく頼みます!」と嗚咽を
抑えながら何度も何度もおっしゃるのでした。
「私こそ彼に<よろしくされている>のです」と申しましたが、
その方の言わんとされていることがとてもよく分かるのでジーンと来ました。

そのメンバーの才能が今活かしきれていないことへの無念さです。
そのことについては私だって同じように思われていることでしょう。
活かしたくてもそのいとまが限られてしまう現状ー
悔しいことですが、呪ってみても詮無いことです。

ただもうひとつ、その方の真意があると思っています。
RAJOYのコンサートに感動してくださり、そのメンバーが活かされるのは
このRAJOYなのだと確信してくださったからよろしくと言うのだ、というものです。

私はMCでも再三言ってしまいました。
長くてあと10年でしょう、と。
私たちが何十年もやってきたことの総決算をRAJOYで行うことは疑いない。
音楽=歌の本質にいよいよ迫って、私たちは死んでいきたい。

それだけです。

その願いをさらに強くしてくださった、昨日来てくださったおひとりおひとりに
手を合わせています。

ご恩を忘れません。




nice!(0)  コメント(0) 

みなさまとよい時間を過ごせますように

いよいよ明日です。

今の処風邪は引いていません。 ^^;)

明日お会いできるみなさま、本当に楽しみです。
いい歌が歌えるよう、全力を尽くします。

おやすみなさい。


nice!(0)  コメント(0) 

あと中2日

大きな力に、まさに民草が根こそぎにされる図ー
Mooさんの日記の記述には現場で体験した者のみが語れる凄みあり。

*

RAJOYには、恥ずかしながら、音楽だけで糊口を凌いでいるメンバーがいません。
情けない現実ですが、むろん今は受け入れるよりありません。
あと長くて10年、何ができるものか。

自分らの音楽的および思想的信念を具に音にしていくことしかありません。

私たちのラストスパートにできればご声援を賜りたいのです。
むろん、できれば、です。

*

明日はKの仕上げてくれたIS THIS AMERICAのCDを取りに行き、
夜はおそくにスティックと練習です。

友人の思いやりと自分らの持ち出しばかりで支えられる活動ですが、
弱音は吐きません。

コンサートに来てくださるみなさまも「友人」ですね。

ありがとうございます!

きっといつかは僕らの歌が理解される、愛されると信じています。


nice!(0)  コメント(0) 

さびしさと悲傷を焚いて

本番が近づいてきて、風邪やインフルエンザにかからぬことがまずは私の責務。

*

綾瀬はるかさんが「世界平和」を望んでいると。
山本(新島)八重役をやってから「ふくしまに恋して」くれて、
そして今world peaceを言う。
すばらしいですね。

*

音楽やっている者にとって、Peace & Loveしかないのは再三言ってきました。
そうでもないミュージシャンもいるんでしょうけれども、
そんなのはホンモノじゃない。

それしかないって歌って、そして死んでいく、それだけです。
現実はまったくそうなっていないけれども。


もうけつしてさびしくはない
なんべんさびしくないと云つたとこで
またさびしくなるのはきまつてゐる
けれどもここはこれでいいのだ
すべてさびしさと悲傷とを焚いて
ひとは透明な軌道をすすむ

ー宮澤賢治「小岩井農場」の一節から


さびしさと悲傷を<焚い>て灯火にし、透明な道を歩いていく。

ああ、また花巻に行きたくなったなあ。



nice!(0)  コメント(0) 

あと中5日

これからリハーサルです。

*

20180206_065725.jpg


今朝は橋を渡って登戸・宿河原方面を歩きました。
聴いていた曲はRaspberriesが中心。

Let's Pretendという名曲があって、ファルセットでEricと共に歌いました。

https://www.youtube.com/watch?v=d_-nxBzxb1c

中学・高校時代の感性にピッタリの歌ばかりのRaspberries。
その頃を思い出しながら、しかしこんな年寄りになってもときめく自分。
徒然草にも書かれた場所を、白梵字、いろをし房という二人の「ぼろぼろ」に
祈りを捧げながら、英語の歌を歌って通る自分。
客観化して笑うのです。

彼らにしてみれば、平安末期や鎌倉初期には到底考えられない類の<歌詠み>が
己らのことを思いながらわけのわからぬ言葉を節にして通って行く。

「どうか、お力を与えてください」

と私は歌の合間に祈りました。




nice!(0)  コメント(0) 

メールにてご予約を

訂正

すみません。
電話予約ではなく、

http://www.heaven-aoyama.jp/schedule/?cal=20182#2018217

RAJOYページにあるメールフォームから予約をお入れください。

よろしくお願い申し上げます。


nice!(0)  コメント(0) 

いよいよあと1週間

Flyer_Re.jpg


われらThe RAJOYのヘヴン青山コンサート、
ちょうど1週間後となりました。

実質的に今は無力なわれわれですが、
日本人バンドとして必ずそうであるがゆえのモチーフと感性で世界に訴えていきます。

どうか草創期(!)のわれわれに力をお貸しください!


*

HEAVEN青山
電話予約 03-6447-0558

「2.17 RAJOYのコンサート観覧希望」とお申し込みください。
前売り扱いとなります。



nice!(0)  コメント(0) 

非売品限定版IS THIS AMERICA今日ミックス完成

アンリ君が全幅の信頼をおき、また私も治雄ちゃんもスティックもそれなりの
お付き合いの中で頭が下がる思いをもうすでに何度もしてきたミキサー&
エンジニアの青野光政氏(青ちゃん)が、IS THIS AMERICAにつき今渾身の
ミックスをしてくださっております。

Versionラス前のを拝聴しましたが、まるでIS THIS AMERICAのオリジナル
(1995年発売のOMNICHRONISM収録)とは違う音になりました。
ミックスが時代を捉えている、ということです。
これを2.17、白土恭子氏のカヴァー写真、栗田栄光のデザインのパッケージで
みなさまのご喜捨に応えるかたちで贈呈申し上げます。
(ワンコインで販売というかたちをとらないことにいたしました。)

どうぞRAJOYの活動を応援くださるみなさま、よろしくお願い申しあげます。


nice!(0)  コメント(0) 

minor7の空

20180206_171416.jpg


2.17でいくつもの私の曲を歌いますが、
中にはこの空のような心境で声を出すこともありましょう。
暗い?
それはそうだけれど、明暗の暗が勝っている空でも、明はもちろんあって、
なんというか、この空こそminor7なんです。
もう少し明があるとMajor7の端境に達する。

なにを言っているんだ。
でもそうなんです。

2.17、どうぞみなさま、おいでください!



nice!(0)  コメント(0) 

Henri's Birthday

バンド内SNSなどでは先陣切って祝辞を捧げましたが、
今日は関根安里くんのお誕生日です。

日曜のリハ後、スティックも交えて食事していろいろ語り合いました。
1984年のEUROXの時も、こんなことができていればなあって思った。^^;)

互いにいろいろな経験をあれからしてきて、いよいよその音楽の心の襞に
とどまったものを一緒に楽曲にしていく今がどれほど大切か。

安ちゃん、おめでとうございます。

どうか互いの「終の住処」RAJOYでずっとよろしく!


nice!(0)  コメント(0) 

2018 立春大吉雑記

名護で稲嶺さんが落選。
Twitterの私のタイムラインでは、当然そのことに悔しさを表明するtweet多し。
ただ、これで終わりではないと結ぶ人が多くて立派だなと思う。

美しい海をつぶして、戦争のため(防衛のためという言い方であっても)の施設を
造るということの根本的な愚かさー
人間なんて結局戦争する生き物だという悪しき諦観にー
こころから情けなさを感じる。

*

昨日立春のリハーサルも楽しく充実していました。

安里君がRAJOYに参加してくれて、昨日は狭いスタジオでメンバー同士向かい合って
演奏していると、ふと藤倉師のご自宅のスタジオでリハーサルをしていた
もう三十数年前のことを思い出しました。目の前は治雄ちゃん、
左すぐ隣が安里くんですからね。

みんな歳をとりました。
けれど、音楽を奏で出すとまったくそんなことは頭の中で雲散霧消して
若い頃に劣らぬ情熱が蘇ってくる。

どうぞ、そんな僕らを見に、聴きに来てくださいね、みなさま。




nice!(0)  コメント(0) 

We do nothing but sing for Peace & Love

今日もリハーサルです。

トランプ政権はより核攻撃をし易くする方針(使用基準の緩和、
核の小型化により)を出しました。
この方針に河野外相はすぐに支持するとの声明を発表しています。
アメリカのことは措いておくわけにはいかぬものの、
なにしろまったくもってどういう国になってしまったのでしょう、日本は。
先の大戦のすべてを忘却したかのようです。

究極には、思想の違い、世の見方の違いで核による大量殺戮をしてもいいというのが
核戦争肯定論です。こんなバカな話があるでしょうか。

ドナルドとジョンウンというたった二人の決断で、東アジアが、世界が、
核の戦場になりうる今です。

RAJOYが反核を歌ったところで何になるかと空しくなるところですけれども、
本当に、我らの乾坤一擲の活動が何らかの違いを生み出すと信じて
やっていくほかはありません。

どうか、みなさま、お力をお貸しください。


RAJOYはとにかく平和と愛を死ぬまで歌っていきます。
その「死ぬまで」もそう遠くない今です。

歌い切りたい。



nice!(0)  コメント(0) 

2.17 追加情報

Ishaynishusさんご夫婦(お嬢様も)、Mooさんの従妹さま、HONDAのI君など
前回の青山ギグに来てくださった方々が17日のにも来てくださいます。
本当にありがたいことです。

より音数の少ない、acoustic感が大幅に増えるコンサートとなります。
ごまかしが利かないということでもあります。(汗)

そこで私たちは平和と愛を歌うわけですが、
特に反核・反戦の歌にフォーカスを置く。
と言いつつ、アジるような歌ではなく、切々と、そのまんまの反核・反戦歌詞でない
ものを歌い上げていきます。

もちろん愛の歌もたくさん。

どうぞおいでくださいね。

IS THIS AMERICAの1曲入りCDを記念に販売(限定40枚)させていただきます。
どう考えても赤字の1枚500円です。
ご希望あれば、サインを入れさせていただきます。

パッケージ・デザインはK(栗田栄光@シモグミ)によるもの。
写真はギグ宣伝vid同様白土恭子さんによるものです。

音源のエンジニアリングとミキシング・マスタリングは青野光政氏。
すばらしい音です。
ご期待ください。


nice!(0)  コメント(0) 

2018年01月|2018年02月 |- ブログトップ