So-net無料ブログ作成

ただ、繰り返してはならぬの思いのみ

Twitterやっていて、明らかに悪意を抱かれたのが2回。
今回は「反民主主義」者のリストに入れてくださった人が。
なんだか驚いてしまうけれども。
ことほどさように他人様の視点は違うんですね。

こういうのはやりきれなくなってしまうんですね、本当。
だから前記事での松尾さんや香山さんが本当に立派だと思うんです。
そういうストレスは私の比ではない。

人を批判したら、自分もされるものと覚悟しなきゃならないのは必定です。
私なんぞは本当に至らないから、まるで至らないから、元来人を批判する筋はない。
それは本当に認めます。

どんな人も、どんな偉人でも、批判されないところなんてありえないのですから、
私のような愚昧なやつも山ほど批判されて当然なのです。
それがいやならひっそりしていればいい。
私には毀誉褒貶が疎ましいものですから、本来隠棲でもしていればいいんだ。
(それが世のためと言われそうだ。)

でもね、じゃあ、なぜ今HNFプロジェクトに賛同してくださる方々を懸命に
募っているかというと、とにかく、もう戦争はやっちゃいけないと思うからで、
その気持ちを歌にして(さいわいそうできるから)、一人でも多くの方に
聴いていただければ、そして歌ぐらいでどれほどの効果があるかと言われそうですが、
歌っていうのはPeace & Loveしかないんですよってこと、
そしてお一人でもいいのです、唯一の戦争被爆国、そして最悪レベルの原発過酷事故も
経験したこの国の歌うたいとして、「もうそんなことはあってはいけませんよね」と
誓い合いたいだけなんです。



nice!(0)  コメント(0) 

家柄を 自慢する者 名を汚し

Twitterを始めて思うことは、松尾貴史さんや香山リカさんとか、
有名人でありながらおかしいことはおかしいと声を上げ、その筋の人々の
すさまじい嫌がらせをものともしていないその勇気ある姿勢のすばらしさです。

*

私は<せせら笑う>人間が嫌いです。
もちろん至らぬ自分もせせら笑ったことがありますけれど。
そのせせら笑う人間が明らかに不勉強と看て取れるとその嫌悪は倍加します。
つまりその人間は驕っているのです。
増上慢というやつです。

あべぴょんとあそーさんはこのせせら笑いを頻繁にします。
いったいなんの自信があってそうできるんでしょうか?
考えてみると、家柄しかないんですね。

それだってそんなに自慢できるようなことでもないでしょうにね。

家柄自慢する人は、それだけでその家柄の<お里が知れる>っていう、
まあ、変な表現ですが、そういうことです。

見事な人格を反映する見事な容貌の政治家なんて現内閣の閣僚には絶無という
気がします。

Lincolnじゃないけれど、how you lookに責任持ちなさいよ。

人のこと言えんのか!

すいません。



nice!(0)  コメント(0)