So-net無料ブログ作成

Child of Love wrote thus

世界の平和を願って

 卒業をひかえた冬の朝、急ぎ足で学校の門をくぐり、ふと空を見上げた。雲一つない澄み渡った空がそこにあった。家族に見守られ、毎日学校で学べること、友達が待っていてくれること…なんて幸せなのだろう。なんて平和なのだろう。青い空を見て、そんなことを心の中でつぶやいた。このように私の意識が大きく変わったのは、中三の五月に修学旅行で広島を訪れてからである。

 原爆ドームを目の前にした私は、突然足が動かなくなった。まるで、七十一年前の八月六日、その日その場に自分がいるように思えた。ドーム型の鉄骨と外壁の一部だけが今も残っている原爆ドーム。写真で見たことはあったが、ここまで悲惨な状態であることに衝撃を受けた。平和記念資料館には、焼け焦げた姿で亡くなっている子供が抱えていたお弁当箱、熱線や放射能による人体への被害、後遺症など様々な展示があった。これが実際に起きたことなのか、と私は目を疑った。平常心で見ることはできなかった。そして、何よりも、原爆が何十万人という人の命を奪ったことに、怒りと悲しみを覚えた。命が助かっても、家族を失い、支えてくれる人も失い、生きていく希望も失い、人々はどのような気持ちで毎日を過ごしていたのだろうか。私には想像もつかなかった。

 最初に七十一年前の八月六日に自分がいるように思えたのは、被害にあった人々の苦しみ、無念さが伝わってきたからに違いない。これは、本当に原爆が落ちた場所を実際に見なければ感じることのできない貴重な体験であった。

 その二週間後、アメリカのオバマ大統領も広島を訪問され、「共に、平和を広め、核兵器のない世界を追求する勇気を持とう」と説いた。オバマ大統領は、自らの手で折った二羽の折り鶴に、その思いを込めて、平和記念資料館にそっと置いていかれたそうだ。私たちも皆で折ってつなげた千羽鶴を手向けた。私たちの千羽鶴の他、この地を訪れた多くの人々が捧げた千羽鶴、世界中から届けられた千羽鶴、沢山の折り鶴を見たときに、皆の思いは一つであることに改めて気づかされた。

 平和記念公園の中で、ずっと燃え続けている「平和の灯」。これには、核兵器が地球上から姿を消す日まで燃やし続けようという願いが込められている。この灯は、平和のシンボルとして様々な行事で採火されている。原爆死没者慰霊碑の前に立ったとき、平和の灯の向こうに原爆ドームが見えた。間近で見た悲惨な原爆ドームとは違って、皆の深い願いや思いがアーチの中に包まれ、原爆ドームが守られているように思われた。「平和とは何か」ということを考える原点がここにあった。

 平和を願わない人はいない。だから、私たちは度々「平和」「平和」と口に出して言う。しかし、世界の平和の実現は容易ではない。今でも世界の各地で紛争に苦しむ人々が大勢いる。では、どうやって平和を実現したらよいのだろうか。

 何気なく見た青い空。しかし、空が青いのは当たり前ではない。毎日不自由なく生活ができること、争いごとなく安心して暮らせることも、当たり前だと思ってはいけない。なぜなら、戦時中の人々は、それが当たり前にできなかったのだから。日常の生活の一つひとつ、他の人からの親切一つひとつに感謝し、他の人を思いやるところから「平和」は始まるのではないだろうか。

 そして、唯一の被爆国に生まれた私たち日本人は、自分の目で見て、感じたことを世界に広く発信していく必要があると思う。「平和」は、人任せにするのではなく、一人ひとりの思いや責任ある行動で築きあげていくものだから。

 「平和」についてさらに考えを深めたいときには、また広島を訪れたい。きっと答えの手がかりが何か見つかるだろう。そして、いつか、そう遠くない将来に、核兵器のない世の中が実現し、広島の「平和の灯」の灯が消されることを心から願っている。


nice!(0)  コメント(0) 

The Worst Is the Worst

C56ZPETWAAAjbFy.jpg

(北米に在る世界最古の木だそうです。出典:Vanea Cera)


もうだいぶ以前から私は書いてきました。
保守かリベラルか、その線引きの考慮要素に神道(および神仏習合思想)を
信仰することが決定的な保守傾向を示すものなら私は保守主義者です。
ただし私の神道信仰は、国家主義神道とはなんら関わらない。
私のは村の鎮守信仰です。

その村は、田圃あって、そしてそれを支える山、森、川があって存立するのです。
それを破壊し、汚し、さらに村の共同体の文化伝統を崩していく保守主義など
ありえないと心の底から思っています。

Globalismの中、生産性や効率ばかりが声高に言われる中で、
「先進」国の中では超slow lifeを維持しているであろう北海道から沖縄までの
日本の村々は確実に疲弊しています。「時間泥棒」が政府を牛耳り、
「美しい日本」を言いながらその実まるで逆のことを推し進めています。

保守を自称するみなさん、今の自民党は本当に保守政党ですか?

一介のアホで下劣な歌うたいがこうしたことを書くことの不遜をあえて顧みず、
黙っていたらとんでもないことになるから、こうして恥を忍んで書いています。

天皇陛下のご退位に関するご意向を聞いているふりをして逆らい、
「和の国のすめろぎ」としてその「和」こそを重んじられ、日本国憲法下の
天皇として「平和を成さん」と全力を尽くしておられる今上陛下すらも敵対者と
しかねない首相のどこが愛国者なのですか。

「愛国」を軽々に言う有象無象のために夫婦共々便宜を図り、
「国語」を疎んじ、アメリカ大統領ならどんな人間であっても真っ先に媚を売り、
それが日本のためになる、「この道しかない」と断言する傲岸不遜をどうして
許し続けるのですか?

「ふるさと」という歌はほぼどんな「日本人」のこころの琴線に触れます。
そのふるさとを何ら自分の責任もなく追われた人々に、「あとは帰る帰らないは
自己責任だ」と言い放つ復興大臣のどこを適材と見て任命したのか?
帰りようにも帰れないから苦しんでいる人々へどうしてそんな言葉を吐けるのか。

「兎追いし」ふるさとを「人を追いし」ものにしたのは一体だれなのか!

「国のために血を流すこと」を最大価値とした防衛大臣様は、大臣になったら、
一議員の時とは違うなどと人をバカにしたことを言い募り、勅語の道義を説く部分は
今も尊重に値するといい、「一旦緩急あれば」以降の、自分が一議員時代に最も
価値をおいたところはそうではないと言い放ち、国会答弁では嘘だらけー

こういう人が保守主義者なんですか?

復興大臣は電力会社株を持ち、防衛大臣は夫と防衛関連産業の株を持つ・・・

こういう人たちが「公」に尽くす人たちなのですか?

1日1万円すら稼げず、しかし額に汗し、なんとか暮らしを立てようとがんばる人々を
もうこれ以上バカにするのはやめてください。

そしてそういう人々よ、もう「民主党政権よりまし」という言い方で、
なにもせず、結局17パーセントの支持だけでこれだけの横暴専横を彼らがやれてしまう
現状を打ち破りましょう。もうこれ以上悪い政権はありませんから。



nice!(0)  コメント(0) 

Songs of the World 2017/04/05


nice!(0)  コメント(0) 

宮澤さん、負けるな!

親戚でもなんでもありませんが、信州読書会の宮澤さんの宣伝です。

https://www.youtube.com/watch?v=0kYPs7w_wxM

この『こゝろ』の解説(第13回)は出色で、
これを聴かれたら宮澤さんの知性や感性はもちろん人となりも分かります。
Amazonとかで買い物をする方は、読書会のところから入って行くと、
いくばくかの手数料が入るそうです。よろしければ。

今朝のTwitter、「絶対負けないぞ!」とのこと。
なにか試練に遭っておられるのかも。

なお、本当にまったく宮澤さんとはなんのゆかりもありません。
「ひとりラジオ」をやってくださっている彼のファンであるだけ、
なにかと縁のある長野の方ですが、本当にYouTubeで偶然知った方です。
市原悦子さんはじめ様々な方の朗読を聴いているうちに出会ったのです。

まだaround 40の方ながら、本当にすごい読書量と見識です。
よかったら応援してください。

nice!(0)  コメント(0)