So-net無料ブログ作成

さあ、入院・手術だ

さてあと数時間後には入院、30時間後には目の手術です。

11月の初旬だったかに狛江市内の眼科クリニックを受診し、町医者レベルでは
手術不能と紹介状を書いてもらい早速大学付属病院へ。さらに同じ検査をされ、
手術日が決まったものの、年末に全身検査とまた目の検査。そして年内で異動になると
いう担当医の要請でもう一回通院し、また検査。ただし、データの共有ができるはずと
少しゴネたので、新しい担当医による簡単な検査で済みました。

やっと手術。

手術が楽しみな人はまずいないでしょうし、私もうれしくなんかないけれど、
とりあえず現状以上に悪くはなるまいということを信じ、だったらさっさとやって
ほしいという気持ちになって久しい(と言いつつ2ヶ月だけど)。

今回は右目だけであって、左目も早晩施術してもらうつもり。
なにしろそのためにはより悪い右目をなんとかしなければいけないのです。

多くの人たちから激励をいただいています。
本当にありがたい。
たかが白内障手術くらいで大騒ぎするなとお叱りを受けそうですが、
入院は中1のとき、バイクに吹っ飛ばされて右足首複雑骨折して以来。
手術は生まれて初めてです。

加齢老化でいつかは来ることだったのだと今はしみじみ思いますが、血縁には誰一人
白内障になった者はおらず、さまざまな要因が私の目をこんなふうにしたのです。
モニター凝視はその要因の第一かもしれない。
1994年からPCを使いまくってきました。家でも職場でも。
あとは太陽が大好きな性格。(笑)

私の水晶体には本当にご苦労様でしたと言うしかない。
労らずに本当にすまなかったとも。

さて、これからいつものようにウォーキングです。
なるべく入院手術で良い習慣を乱されたくない。

なにしろ執刀医の方の腕を信頼しー
そしていつも祈りを捧げている御霊にもご加護をお願いし、
入院致します。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。