So-net無料ブログ作成

2017 霜月日記 (目の手術、「アメリカ」)

霜月に入ってしまいました。

克己会横浜大会は、世古さんのご好意で大いに盛り上がって終了、
しかし私はそのまま(!)体調を崩してしまいました。

師が持参された「熟柿」という芋焼酎と、私が持参した富山は岩政酒造の
「魂を醸す」が好評で、楽しい会だったのに、私はfizzle outというオチ。

世古さん経営のシェアハウスはamenity抜群で、みな感じ入っておりました。

*

昨日いよいよ目の手術を決意し眼科へ。
ところがトラブル発生し、クリニックまで100歩のところで断念。
そのトラブルの詳細は書きませんが、やはり目が悪いことに起因するものです。

決意が固まるとすごいもので、「もう四の五の言わずスパッとやっつくれぃ!」って
いうような感じです。この「四の五の」のプロセスが面倒臭いんです。
だから今まで躊躇していたっていうのがあるんですね。
手術そのものは怖いとは思っていません。

それでもまあ、目が治ったら、例えば来春の安曇野行が俄然楽しみになります。
目が健やかだった時に見た北アルプスの美しさが、もしかするとそのときよりもずっと
鮮やかに、迫るように見えるかもしれない。

Mooさんの深みある容貌にさらに感激するかもしれない。(笑)

晴れて高校生になる子どもたちのリアルな顔を見て、その輝かしさに、
クラクラするかもしれない。

*

RAJOYは本番録音をXmas Eveに行う可能性が高くなっています。

その収録曲のうちに、Is This Americaが含まれます。
これは前回青山ヘブンのコンサートで大好評で、さらに演奏側のHenri君が
演奏中涙してしまったという曰く(?)つきの曲。
Mooさんの従姉妹さまも音源が欲しいと言ってくださったうちの1曲です。

これを急遽録音する曲に入れたのは、昨今のアメリカにメッセージを送りたい
と心から思ったからで、YouTubeには「やす」こと白土恭子さんの写真と動画を
使わせていただき、SNSも総動員して拡散させる予定です。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。