So-net無料ブログ作成
検索選択

そうかもしれないが

アラブ圏のフォロワーがごそっといなくなって、
しかし、彼ら彼女らの、主に美しい写真を英語の詩のようなものをつけて
retweetしている裡に、数がまた回復してきました。
アラビア文字がまったく読めない、Bingの訳もむちゃくちゃと嘆いていないで、
もっと早くそうしていればよかった。

それにしてもあらためて驚くのは彼ら彼女らの信仰心の厚さ。
写真は、慎重な愛の表現が多く、さらに特徴を列挙するとー

目力横溢する女性たち
コーヒーと事物との対比もの
馬、特に白馬
高級時計
高級スポーツカーとそのコックピット


妖精のような少女たち
薔薇の花、特に深紅の

*

昨夜はKと代々木上原で食事をしました。
田舎の話で盛り上がりました。
もちろん亡き長兄の話も。

Kが別れ際、

「いやよ、オメが俺の人生にいでくっち(いてくれて)ほんとに感謝してる。
オメがいなガったら、ほんとにつまんね人生だった」

などと言うので面食らいました。

「なにを、んなゴど唐突に!遺言でもあるまいし」

と言うと、

「いや、もうあと5年だと思うぞ」

などと言う。

そのKのお母様は94歳なのだった。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。