So-net無料ブログ作成
検索選択

長兄の命日に

今日は長兄の命日、亡くなって4年経ちました。

兄なしで今の私は決してありませんでした。
Beatlesを私が5歳のときに教えてくれたのが兄だったからです。

とは云え、兄との思い出はそう多くなく、また決して仲良い兄弟だったとは
言えないのです。けれど、彼が高校を東京で通わざるを得なくなって、
故郷を離れ、寂しい思いをしていたとき、私も彼のことを恋しく思っていました。

後に兄はWe Can Work It Outを聴いて自分を励ました、などと、
Beatlesの特定の曲の名を挙げて苦しかった日々のことを語ってくれたことが
ありました。でも、それも今思うと彼の晩年ということになります。

兄の遺志などというものはないのですけれども、
きっと影響を与えた弟の私に、音楽を大成してくれよ、と願ってくれたはずですし、
今もあの世で望んでくれ、また力を貸そうとしてくれているはずです。

私にとって音楽の「大成」とは、Beatlesに幼い頃にリアルタイムで洗礼を受け、
Peace & Loveのこころ、歌心を叩き込まれた者として、
それをただ歌にすることだけです。

兄貴、どうか、見守ってくださいね。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。