So-net無料ブログ作成
検索選択

祈る

MooさんがHNFプロジェクト応援の記事を書いてくださっていて、
今それを読ませていただいて感激しました。
ありがとうございます!

・・・今、教えている中3の子たちが関西と広島へ修学旅行に行っています。
おととい、行きたいところをめいめいに訊いて、いい旅になるといいね、と心から
言いました。本当に何事も起こらず、すばらしい思い出をつくって、
帰ってきて、長かろう人生の最良の思い出のひとつにならんことをー

私が幼稚園児だったとき、キューバ危機があった<そうです>。
米ソが核戦争の危機を乗り越えられたのは、もちろん指導者二人のおかげが
ありつつ、回避を求める世論がありつつ、でしょうけれども、
なにより広島・長崎の記憶があったからに相違ありません。

第三次大戦は核戦争になるという人類の滅亡につながる事態を、広島長崎の犠牲者の
みなさまが救ってくださったのです。

なのに、またもやの核戦争危機、それも当の被爆国日本も巻き込まれる!?

冗談ではない。
ほんとうに神をも恐れぬ暴挙、これに極まれりです。

私は子どもたちに、ちょっとだけこのことに触れましたー

「ね、みんな、例えば二次方程式の難問をやっと解けた、うれしいって思った瞬間、
ピカッ、ドーンってなったら?
テニス部のNさん、ね、ある大会の決勝でとうとうマッチポイント、やった、
最高のスマッシュが打てる球が来た、そーれぇぇ!ってなったときに、
ピカッ、ドーンってなったら?」

子どもたちは笑いながらも、神妙な顔つきになりましたっけ。

ね。
子どもたちに何の罪がありますか。
あべぴょん熱烈支持の父ちゃんの子でも、戦争反対ってMooさんと一緒に活動している
方のお孫さんでも、まったく無差別に一瞬で炭化する爆弾の犠牲者になぜならなきゃ
ならんのですか?

そんなことがほんとうに、たった72年前に広島と長崎であったんですよ!

玄海原発再稼働?
サリンが撒かれるかもって言ってたあべぴょん、じゃあ、北から最も近い玄海原発は
ミサイル1発でおしまい、そして制御不能、九州は壊滅ですよ。
生き延びた子どもたちは、福島の子たちの二の舞ですか?
おそらくもっと深刻な状態に陥らせてしまいますよ!

その後「九州でよかった」なんて言ってしまう潜在的可能のある政治家も
東京で炭化してしまっているかも。

頑丈な建物がないときは、伏せて頭を手で守れって・・・。

ひどい、ひどいよ。
こんなこと、まかりとおっている世の中が<今>到来していることが俄かには
信じられないけれど、現実なんだよ。



ドラムとベースの録り、5月3日に決まりました。
憲法記念日。
たまたまのことでしたが、私はうれしかった。
ひどい年の憲法記念日に録音することが、私にはとてもとても貴いと思えたのです。

スティックと治雄ちゃん、すごい演奏をしてくれるに決まっています!

5月3日、東京が、日本が無事でありますように。
もちろんそれ以降も、ずっと、ずっと。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。