So-net無料ブログ作成
検索選択

To those who suffer

小林麻央さんの病状が深刻なようだ。
Huffington Postを見ていて、記事に出会った(つまり彼女のblogを追っている
わけではない、ということ)。
闘病記というのは読むのが辛いものだから、よほどのことがない限り積極的に
読もうとは思わない。

もう10歩あるくのもつらい、とのことだった。
お母様に背中をさすってもらい、一緒に泣いたとのこと。

ここまで深刻な病状となっていると、世の中のことなどはきっと気にしようがない
だろうと推察する。私は、体も不調で、家族の相次ぐ死で相当精神的に
落ち込んでいた時、世の中のことなどどうでもよくなっていた。
気が塞ぐから、落語やU字工事のYouTubeヴィデオばかり見ていた。
それでも、落語に生き死にの話が出てくるものは避けた。
U字工事のでは、川島なお美さんのことがネタで出てくるものは見なかった
(その収録時に川島さんは存命だったが)。

未来とはつくづく自分だけの未来のことなのだった。

重篤な病に苦しむ小林さんの気持ちを本当に理解できているとは思わない。
けれど、少しは分かる。

彼女はまだ若いから本当に気の毒だ。

「どうして<私>がこんなことに?」
「どうして<私>の娘がこんなことに?」

娘と母がその理不尽に涙したのだと思う。
かける言葉がない。
ただ泣くよりないのだ。

そこに信仰が入れば、少しは、あるいはもしかすると全面的に<未来>を
信じられるかもしれない。そのときだけのことだとしても、やはり信仰というのは
万薬にまさることがあるのだと思う。

理不尽には理不尽なりの<なにかしらの理由>があるのかもしれないということ。
そしてその理不尽がそうである分だけ苦しむ自分への<なにかしらの褒美>が
あるのかもしれないと期待できるということ。

そうとも思えなければやっていけないときが人間にはあるものだと思う。


小林さんのみならず、病気やケガで苦しむみなみなさま、
どうぞ無理をなさらずー
ご快復をこころからお祈りいたします。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。