So-net無料ブログ作成

蹉跌集め II-17 [小説]

17

「杉尾ちゃんさぁー」

薗畠が呼びかけた。

「今世界はインディーズを求めてるでしょ。既製品・大量生産より、個性的な
コンテンツっていうことだよね。まあ、どこの業界でもあることだけれど。
前例が踏襲されて、アーティストの規格化が起こり、それが音楽的ばかりか、
歌詞の通りいっぺんさにもつながってしまう。」

「そうですね。」

藤熊も賛同して言う。

「結局圧倒的な<同類志向者たち>からどう際立つか、それは下手なギミックとかでは
なくて、本当にそのアーティストの個性をこそどのくらい打ち出せるかなんですよね。
今、広告で買ってみようなんていう時代ではなくなっています。昔のTVやラジオのCMに
よる宣伝なんて、今はもうSNSやYouTubeで対等ないしはそれ以上の効果をあげられて
しまっていますからね。だからこそ、個性的でなければならないんです、ますます。」

「今世界的にアーティストが期待されているのは、そうした個性が生かされる世界
そのものを具現し、かつ限りなく藝術的に表現することだと私も確信しています。」

永が言う。

「音楽的・詩的・藝術的良心はいつの時代でも絶対に人のこころを打ちます。
この時代、人々のこころが荒くなったのも確かだと思います。けれど、だからこそその
<すさみ>を和らげる音楽が、歌が、必要なのです。」

「月はほんとうにappeasing(こころを和らげる)な存在だね。」

薗畠がしみじみ言う。

「地球での生命開闢以来、ずっと夜を照らしてきた。もちろん新月のときには
漆黒の闇をつくってきた。それも大事だ。潮汐力でもリズムを地球に、生物に与えてきた。
月あってこその地球であり、生命なんだよね。ずっと、ずっと、そういうことできたんだ。
月の満ち欠けに人間は人生をも見てきた。望月に己のperfectionを重ねてほくそ笑む者、
欠けているからこそ風趣があると思う者、新月にこそ希望を見いだす者、三日月の、
たとえば木星や金星とのランデブーに<釣り合い>というものの美の極致を見出す者、
深夜にたとえば二十七夜の月を見て、いや、それに見られて、なんだか人生を反省したり
する者、仕事でクルマに乗っていて、渋滞なんかでイライラしている夕方に、
大きな満月が東の空にあるのを突然目にして、その超然たる美に打たれ、己のちっぽけさ、
美から遠ざかっていた自分の生活の貧しさに気づく者ー
ね、月って本当に偉大だよね。」

「いやさぁ、薗畠ちゃんー」

杉尾が言う。

「僕と野津田が言いたかったのはね、ほら、悠奈ちゃんのアルバムに結局日本語曲が
ひとつも入んなかったでしょ。それでまた、メッセージ性強すぎるってことになると、
売り出し方がむずかしくなんないかっていうアンチテーゼだったのよぉ。」

「そうなんです。」

野津田が<初めて>しゃべった。

「売り出し方がね、もう少し具体化しないと不安になりましてね。」

「だからそれは、まあ、バジェットにも依りますがね、悠奈ちゃんのヴィジュアルを
十分活かして、圧倒的に藝術的価値の高いPVを作ることにまず尽きると思うんです。」

藤熊が言った。

「どういうイメージ?」

杉尾が訊く。

「Somoちゃん、本名・祖母山(そもやま)氏率いるSomogumiに任せましょうよ。」

藤熊が言う。

「あそこにね、アートディレクターの加賀美秋光っていう<literature>な人が
いるんですよ。Somoちゃんとのコンビはきっと大反響を巻き起こすPVを創りますよ。
なにしろ素材がいいから、彼らの藝術的意欲は掻き立てられまくるでしょうね。」

「デザイナーの粟田さんはどうなんですか?」

永が訊く。

「あー、セミちゃんのこと?うん、彼がそのコンビにとっての<第3の視座>かな。」

悠奈がにっこりと笑う。

「まあ、的外れなこともよく言うんだけれどね。」

藤熊が言うと、悠奈と永が、

「それは失礼ですよ、藤熊さん」

と笑って抗議する。

「ああいう存在は貴重です、本当に。」

SUBTLYのヴィデオ試写のときに彼女らは粟田に大いに笑わされ、彼がどれほどに
ともすれば<すさむ>現場での和みとなっているかを知っていた。

「じゃあ、わかった。」

杉尾が言った。

「最高のPV作って。野津田、藤熊ちゃんと見積もり出してくれ。
薗ちゃん、その際は折半頼むよ。」

「うん。杉尾ちゃん、任せてみようよ。藤熊ちゃん、永ちゃん、そして悠奈ちゃんの
トリオに。そのトリオが全幅の信頼を置く、Somo、加賀美、そして粟田のトリオにも。」
そしてTriviaの加護あらんことを!」

薗畠がそう締めて、会議は終わった。


<つづく>



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。