So-net無料ブログ作成

蹉跌集め II-11 [小説]

11

それから光がトキに木野の話をした。
トキは「そんな甚だしい遠縁で、しかも東大印哲を出た偉い仏教者と共通点など
ちっともない」と言いながらも、爆撃で家族を殺された共通の境遇に再び涙した。

「どれほどお辛かったことでしょうね。」

トキはB定の食器を片付けながら言った。

「たとえば高畑勲さんの『火垂るの墓』なんかとても見られやしないのよ。
・・・あ、そうそう!高畑さんの相棒なのか知らないけれど、宮崎駿さん、あの宇都宮
空襲を体験してるってどっかで聞いたわ。あたしと同じで4歳だったって。」

「え、そうなんですか。」

光が驚く。

「『風立ちぬ』を語ってな、宮崎さんは宇都宮に在った宮崎航空興学工場長の
父のこと、いろいろ話しているよ。」

幸嗣が言った。

「欠陥品を造っても袖の下で検査官を買収し、馬力をごまかしたり、挙句、空襲で
自分らは当時は考えられないガソリン車で逃げられる身分で、しかも乗せてくれと
懇願する母子を振り切ったこととか。」

「そうなんだ。」

光は深く考え込む。

「高畑さんも宮崎さんも、幼かったとは云え、戦中派だろ。」

幸嗣が言う。

「その人たちの生々しい戦争への思いがアニメ映像化しているし、多くの人がそれを
見たことは本当に貴いことだと思う。体験した人だからこその表現があるから、
後に生まれた日本人アニメーターはそこでは匹敵しようがない。
でも、その表現の<仕方>はそこで受け継がれる。そして<思い>も。」

「そうだな。」

光が言う。

「司馬遼太郎は戦車兵で、本土決戦で道に避難民が溢れたらどうするのかと参謀将校に
訊いた。するとその将校が『轢っ殺して行け』と言ったんだそうだ。結局そういうことに
なってしまうんだ。戦争は狂気のなせることだから、その渦中ではなにもおかしなことは
なくなってしまうし、さらに、後に回顧しても<しかたがなかった>っていうことに
なってしまうんだ。」

「そうだ。そして戦後世代がほとんどになった今、平和の大切さ、戦争の愚かさを
訴えると、MNEMOさんみたいに撃たれてしまう。」

幸嗣が言う。

「なあー」

光が言う。

「これから木野先生に会いに行かないか。」

「え?多摩川へか?」

「ああ。悠奈に聞いたよ、12時に行くと会えるかもって。もちろん先生が会って下さる
つもりがあればだけれど。」

「そうか。で何を訊くんだ。」

「俺たちみたいな若い俗物が、どうすればこの世を変えられるかって。」

「青いな。でも、そういうことでしかないよな。このままでいいはずがない。
世界が暴発の危機に確実に陥っている今だもんな。」

トキは二人の会話を聴いていて、うれしそうに頷いていた。


<つづく>




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。