So-net無料ブログ作成
検索選択

蹉跌集め II-3 [小説]

3

MNEMOの退院は、追加の形成手術などがあり、傷口からの感染症の心配がなくなる
までということから一ヶ月後という見込みが示された。
そこで発見は一旦帰国するということになり、藤熊たちと一緒に帰国した。

盲目となったMNEMOはネットで「信州読書会」のコンテンツばかり聴いた。
キェルケゴール、漱石、ニーチェ、遠藤周作『沈黙』などなど、生きること、
死ぬことにまつわる思索にこれまで以上痛切に没頭した。

10月も半ばになっていた。

「Mr. Nemoto, how are you this morning?」

MNEMOは今までの看護師とは違う声を聞き取って、

「Desperate as yesterday.」

と答えつつ、

「You're new to me. And please don't be offended, but I'm detecting that
you're not a native speaker of English.」

と言った。その看護師の英語はネイティヴではないと。

「分かりましたか、やっぱり。」

看護師は、MNEMOの耳には明らかに笑いを含んだ声で言った。

「憶えていらっしゃいますか、私、小梅屋清(さやか)です。」

「え?こうめやさんて、俺の田舎、野沢のあのー」

「はい。MNEMOさんのお母様が會津若松の中竹総合病院に入院されていたときに
お世話させていただきました。実家は野沢の熊野神社近くのー」

「ええぇッ!な、なんでその小梅屋さんがここに?」

「渡部鼎医師、ご存じですよね。」

「もちろん。入院した日、Powell看護師にも言ったぐらいだよ、渡部医師はここ、
UCSFの医学部出たって。その人はこの辺にいるのかって聞くから、1932年に
亡くなっているって言ったらキョトンとしていたよ・・・見えなかったけど。
野口英世のことも知らなかったよ、Powellさん。」

小梅屋は快活に笑った。

「ごめんなさいね、まずはお見舞いのことばも言わぬままになっているのに笑ったり
して。本当にこの度はお気の毒なことでした。心からお見舞い申し上げます。」

「ありがとう。」

「それで、私がここにいる理由ですけれど、あと2ヶ月半ほどで2018年でしょう?
実は来年で渡部医師の生誕160年なんですね。」

「ああ、そうか。確か1858年だよね、生まれたの。」

「はい。それで、渡部医師の会陽医院の精神を継いでいると自負する中竹総合病院が、
記念事業としてUCSF Medical Centerに医師と看護師を派遣したんです。」

「ほう。」

「私、実は渡部医師の家とは親戚でして、そのこともあって選ばれちゃって。」

「なんとまあ・・・。熊野様のお導きだあ。」

「9月からこっちへ来ていたんですけれど、驚きましたー
MNEMOさんがケガされてここへ入院なさるなんて。」

MNEMOと小梅屋はこの後もかなりの時間話をした。

「ごめん、小梅屋さん。僕にこんなかかりきりなっちゃっちゃまずいよね。」

「いいえ、いいんです。所詮純然外様で、やることなんかほとんどないんです。
MNEMOさんへの看護、ちょうどいいじゃないかって看護部長にも言われて。
ほとんど専任で看護させていただきます。」

「そりゃ贅沢なことだなあ。」

「Powellさんの方がよろしかったなら申し訳ないんですが。」

「いやいや。目が見えないから、Powellさんがどんな容姿か知らないし。」

そう言ってMNEMOは笑った。

「なにしろ、どうぞよろしくお願いします。」

「こちらこそ。何か私ができることはありますか。」

「英語で言ってみて。」

「うわあ、意地悪ですね。えーと、Is there anything I can do for you?」

「おお、上手ですよ。Yes, there's one thing.」

「OK, what is it?」

「There're letters I haven't read yet...and I won't be able to read forever.」

小梅屋が悲しい顔をする。

「読んでくれますか?」


<つづく>




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。