So-net無料ブログ作成

蹉跌集め 第2部 -1- [小説]

1

「You, traitor! You deserve it!」

ステージのそでにいた、臙脂の地に黒のチェックの長袖シャツを着、
赤のキャップをかぶった白人男性がステージ中央前へ移動し、
そう叫んで35口径の回転式ピストルを2発発射した。
1発はMs. McGuinnessの胸部に命中、もう1発は、MNEMOが彼女のことを
見ようとして顔を右へ向けたときに彼の左目から右目を撃ち抜いた。

騒然となる中、MNEMOは「I'm shot」と言いながらも、

「Get her some help! Ambulance, ASAP!」

と叫んで、その後あまりの痛みに意識が混濁していった。



意識が戻って、MNEMOは辺りにいるらしい人にまずは日本語で
「マクギネスさんはどうなりました、ここはどこですか」と訊いた。

「He's come around!」

そう聞こえてMNEMOは、

「Will you tell me how Ms. McGuinness is and where I am now?」

と言った。

「You're in the hospital called UCSF Medical Center.
Ms. McGuinness is currently in the ICU.」

「Oh, is she? Is she gonna be all right?」

「We're doing our best.」

「Yes...」

MNEMOは嗚咽し始める。

「Look. How terrible your country is!
I was never going to blame American people in general.
I was only asking Mr. T, who's now somewhere in the "nowhere world,"
whether or not he's STILL thinking what he did to Hiroshima and Nagasaki
was right. The answer came from nowhere-- I mean the bullets.」

「I'm sorry about that, Mr. Nemoto. Guns are cancer of this society.」

「...You said, UCSF?」

「Yes. University of California San Francisco.」

「Yes, I know. A person who was born in my hometown graduated from
UCSF and became a surgeon.」

「Oh, really? You're from Japan, right?」

「Yes. From Tokyo, but I was born in Fukushima.」

「Oh, is that right?」

「Uh-huh. 」

「And your friend...is he around here in SF?」

「No, no. He died in 1932, aged 73」

「Excuse me?」

「He was the one who gave surgery on Dr. Hideyo Noguchi's badly burned
right hand.」

「Sorry, I don't know who you're talking about.」

「I'm sorry, too.」

「How do you feel now?」

「Well, seems I've lost both my eyes. They...Oh, they're gone...The holes are
aching, of course.」

「I'm very sorry about that. Dr. Sullivan's coming soon.
Talk to him about your injury, OK?」

「OK. Thanks. But, mind you, Ms...」

「Sorry, I'm Ms. Beth Powell.」

「Ms. Powell. This is NOT injury. WOUNDS.」

看護師の女性は無言で立ち去った。

MNEMOの両眼球は弾丸に粉砕され、飛び散ってしまったのだ。
目については手の施しようがなく、医師はただ外傷の縫合や、鼻梁の再建手術のみをした。

MNEMOは何日も入院することになった。
しかし、視力の回復などは見込めないのだから、早く日本へ帰りたいと訴えた。

知らせを聞いてMNEMOの娘の発見(ほつみ)と藤熊、そしてSUBTLYを代表してHal、
さらにSomogumi代表も兼ね旧友の粟田がサンフランシスコへやってきた。

「パパ、なんていうこと!」

発見は包帯に覆われて口しか見えない父の顔を見るやそう言って泣いた。

「MNEMOっちゃーん、藤熊だよ。ほんとにエラい目に遭ってしまったね。」

「わざわざここまで来ていただいてすみません!
・・・エラい目に目が遭ってしまって、吹っ飛んでしまいました。」

MNEMOは気丈にジョークを言った。

「MNEMOちゃん、ほんとに、ほんとに、悔しいよ、おいら。」

Halは涙声で言った。

「俺らが一緒に行けてたら、ステージから犯人の野郎を事前に見つけて警告できたのにな。」

「いいんだよ、そんな。ハロ(Hal)ちゃんだって撃たれたかもしれないんだ。」

「おめはしかし、運が良ガったとも言えるぞ。」

粟田が言った。

「おめを招聘した女性は亡グなったそうだ。」

藤熊たちはハッとした顔をした。それはまだ言ってはいけないとみな思っていたからだ。

遅かった。MNEMOは号泣しだし、上半身を揺さぶり、脚をバタバタさせた。
粟田は頭を抱えた。


<つづく>




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。