So-net無料ブログ作成
検索選択

おはながまがった〜 いとおしいよ

春眠暁を覚えず、どころか、眠ってばっかりです。
春は本当に僕にはsleepyな季節で、暇があれば眠ってしまいます。
しょーもねぇヤツです。

そんなんで、もうとっくに起きてて、『蹉跌集め』を読み返したりしていました。
「佐藤忠信」話が重複していて、冷や汗。
第55回に加筆し、辻褄を合わせました。(プ)

栗田(K)による表紙には笑いました。
彼はなぜか「族」の漢字遣いが好きで、そんなヤツでは決してないのに不思議です。
「克己會」でも言ったのですが、彼には偽悪的なところがある。

彼が裏表紙に引用している本文の中の一節とかは、きっとどこでもよかったんでしょう。
適当にコピペしただけのことと思います。
けれど、英文の方は「Psychic Numb」の詩を採っていて、どうせ偶々であれ、
ちょいと感心してしまいました。私自身も好きな詩なので、ひょっとしてあいつにも
詩心があるのかって。(笑)

Mick師が「會」で、何回となく「藤熊です」って名乗られて笑ってしまいました。
世古さんは「MNEMOさんは他のところで書いてからブログにそれを貼っているの?」
と訊いてくださいましたが、「いいえ、ブログ画面で出たとこ勝負で書いてます」と
答えたら、大いに驚いておられました。

この3人以外の出席者からは我が小説への言及はありませんでした。(プ)
それでも、HalさんやStickは<本当に暇な時>読んでくれていると信じています。
Henriくんもゼシ読んでくだされ、よかったら。

Simoちゃんと幸夫くんという「加賀美一党」が来られなかったのはなんとも残念でした。
NYのやすさんもいたらとてもおもしろかったのに。
純粋に我が戯作を論じる飲み会もやってください、いつか。

どうかSUBTLYの未来(そういっぱいはない)にみなさまの夢も託してください。

*

「記事管理」で読まれた記事を見たら、まだ訪問者が少ない中なのに、
「おはながわらった」という2013年の記事が4人の方に読まれていて驚きました。

http://mnemosyneoforion.blog.so-net.ne.jp/2013-06-27

どうしてなんでしょうね。
「同志社(どうししゃ)ったの?」と独りシャレを言って笑いました。
「立命(<せ>つめい)がつかない」なんて。

お彼岸に供えた花ももう草臥れてしまっています。
「おはながまがった」になってしまっています。

Paul DavisがCool Nightで歌っています。

I sometimes wonder why
all the flowers have to die
I dream about you

この3行目が「転」ですね。
唐突なのですけれど、深い。

1981年リリースで、日本では1982-83年に売上のピークを迎えた曲です。
私がEUROXをTAOの3人と結成する頃です。
私はその頃高円寺に暮らしていました。
大好きなこの歌の、先ほど述べた「I dream about you」の「転」に気づくような
詩的洞察力はなかった。ロクでもない若者でした。(今はロクでもない壮年です。)

でも、花に感じるいとおしさはロク倍くらいになっているなあ。

なんじゃ、そりゃ。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。