So-net無料ブログ作成

酒なんか飲んでいる場合か!〜でも飲みます。

Tillerson国務長官が来日し、また訪韓したけれど、北朝鮮の挑発および東アジアの
不安定化を止めるのに「あらゆる手段を排除しない」というトランプ政権の方針が
ある中、

The diplomatic and other efforts of the past 20 years to bring North Korea
to a point of denuclearization have failed.

と東京で言ったわけです。

「過去20年にわたる、北朝鮮を非核の段階へと持っていこうとする外交的および
他の努力は失敗したのであります。」

これは北への恐ろしい警告です。
トランプ政権がそう言うのですから、もう外交的努力はしないというのはそのままの
意味であると取った方がいいのは疑いないのです。
特殊部隊投入、最新鋭ステルス戦闘機でのピンポイント爆撃、サイバー攻撃などなど
さまざまな選択肢がありうるわけです。

「3代目」は相当深刻にこのことを受け取っていると思います。
この人が理性的な人ならば、ふつうは軟化するはずです。
けれどそうは思えない。「死なば諸共」という選択をしかねない人です。

アメリカが先制してすべての反撃を封じ込めることができれば大成功なのでしょう。
そううまくやられてたまるかということであちらは研究に研究を重ねてきた。
「コスト」としての、北による反撃がもたらす災禍は、誰が被るのでしょう。

日米韓の情勢分析をしている「3代目」がおそらく北叟笑んでいる事実があります。

朴槿恵の失脚でガタガタになっている韓国は、「少女像」問題で日本ともまたぞろ
ギクシャクし、THAAD配備で中国から事実上の経済制裁を受け、ボロボロ。
そして我が国はー
言うのもおぞましい状況です。

これで日米韓の連携がmaximumまで効果的になることはない、と。

ただし、韓国大統領選では、親北朝鮮とも言える候補が今のところ当選しそうです。
その新大統領の登場まで待ちの姿勢になるかもしれません。
そしてだからこそ<今>叩こうとトランプは思うのかも知れません。

日本が巻き込まれる戦争はすぐそこまで来ているのかもしれません。
それは誰も否定しようがない。
トランプの胸先三寸です。
怖いことです。とても。

安倍ぴょんも岸田さんも、あの頼もしい稲田さんも、Tillersonさんからありうる
すさまじい計画を聞かされたはずです。その3人のうちの2人が・・・。

なんということでしょう。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。