So-net無料ブログ作成

蹉跌集め -50- [小説]

50

DSC02323.jpg


ケンスキーは理科大の電子工学科を出ているエンジニアだ。
家も理科大に近い牛込矢来町に在る。
MNEMOとバンド内では一番の親交を持つようになっているのも、トーホグマンを
おもしろおかしく読んだことに併せて、MNEMOが矢来町の隣町である牛込箪笥町や
その南隣りと言っていい市ヶ谷砂土原町に住んでいたことを
ブログで知って、一層の親近感を覚えたからだった。

ケンスキーは、光から電話を受ける前に以下のメールをMNEMOに送っていた。

「MNEMOさん、こんにちは。JAPPSのデモが完成し、藤熊さんにデータを送り
ました。よい返事が来るといいなと思っています。さて、バンドですが、いろいろな
事が起こって一時はどうなるかと思いましたが、今は雨降って地固まるというような
感じになっています。ところで、僕は生粋の理系人間ですが、霊魂の不滅は
ソクラテスのように信じています。宇宙生成時11次元であったものが7次元も減って
しまっているようですが、私はその7次元はまるで折り紙のようにこの4次元宇宙に
折りたたまれていると信じているのです。その7次元を<行き来>できる存在こそ
霊魂だと。人間は肉体を持つがゆえ、そうはできない。しかし、それでもイマジ
ネーションでどこへも行けことはみな知っているではないですか。John Lennonは、
intuitionと言っていますが、takes me anywhereだと。だから、MNEMOさんの
トーホグマンの荒唐無稽さは僕にはなんらそうではない。そして悠奈が木野先生に
出会ったというのも、全く不思議なことではないのです。変な理系人間ですが、
だから音楽なんかやっています(笑)。そして音楽は、11次元の宇宙でも響き
渡るものです。空気とかがなかったら振動する媒体がないではないかって?
魂に響くのですよ。魂はどこにおいてもその媒体なんです。」

MNEMOはこのメールを読んですぐ返信した。

「ケンスキー君、すばらしいメールをありがとう!君の言う通り過ぎて、
心踊って、君が女性だったら一発で恋に落ちていましたよ。(笑)
Forget It Allは藤熊氏を通じて聴かせてもらいました。
僕の趣味に非常に適うもので、JAPPSのファンになりました。
みなすばらしいアプローチぶりで、若いのに、君たちはすごいね!
特にケンスキー君のイントロ8小節終わりから入ってくるピアノの
秀逸な叙情あるいは叙景に涙が滲みました。北の丸公園の朝の
ようでね・・・。あそこの、千鳥ヶ淵に面する西の端は、
赤坂や麹町のビル群が見えるけれど、なにより美しい夕陽が見える。
夕方にばかり行ったけれど、ある日早朝に行ったことがあってね。
鬱蒼たる木立に朝日は遮られるけれども、その暗がりの中、
君が弾いたあのピアノのメロディーを僕は聞いた気がするんだ。
きっと11次元を僕の魂が自由に行き来して、<前以って>君の
ピアノを聞いていたんだと思うよ。(笑)僕が砂土原町にいた時の話さ。

ねえ、ケンスキー君、ぜひJAPPSとSUBTLYのジョイント・ギグやろう!
SUBTLYには今キーボードもリードギターもいない。
どうだい、特別友情参加で、弾いてくれないかい?」

ケンスキーはこのやりとりがあって、北の丸のMNEMOの言った場所へ無性に行きたく
なった。神楽坂をずっと下って、牛込橋を渡り、早稲田通りをまた緩やかに上って行く。
靖国通りに出て公園へ。武道館を左手に見ながら、少し行って右に曲がり、
ひたすら行き止まりまで行くと、柵の下、千鳥ヶ淵が見えた。桜を観る人々が
夥しい。こちらはクスノキが樹冠の方で新葉を吹いている。美しい。

ケンスキーはMNEMOが絶賛してくれた自分のピアノ・プレイを聴いた。
目を閉じた。
そのときケンスキーに、すばらしい未来が見えた。

Immortal are our souls!
(我らが魂は不滅なり!)

ケンスキーは西の空に向かって叫んだ。


<つづく>





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。