So-net無料ブログ作成
検索選択

否ダ氏、全テ否定〜self-defense大事

弁護士防衛大臣「否だ」さん:K氏とはここ十年来お会いしておりません。

野党議員: 氏は会っているって言ってますよ。

否だ: 会っておりません!弁護も一切やっておりません。

野党議員: えー、ここにお連れ合いと連名でのK氏裁判準備書面があります。

否だ: それは同じ法律事務所のことですから、名前だけ記載されることもあります。

野党議員: じゃあ、名前だけってこと。

否だ: 裁判に直接関わったことは一切ありません。K氏がそう言うなら虚偽です!

野党議員: えー、ここに大阪地裁の記録があって、あなた出廷してますね。

否だ: 夫が忙しくて代理で行ったかも。でも、一切K氏弁護とかしてません!

野党議員: お連れ合いの代理で出廷したら、代理でK氏弁護したってことでしょ。

否だ: それは代理弁護であって、純粋な弁護ではありません!

野党議員: それも弁護でしょうが、何を言ってんるんですか。共同受任したっていう
   書類書いといて、それで出たら立派なK氏代理人としての出廷でしょ。

否だ:大規模な武力衝突でも「戦闘」ではないように、夫の代理弁護は純粋弁護ではない!

山本一太委員長:はい、速記止めて!




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。